里帰りしない・里も来ないお産

私は上二人の出産時、頼れない頼らない産後を経験しました。

すぐにアパートに戻り、主人のサポートと、家族に時々おかずを持ってきてもらうだけ。

二度の『頼れない産褥期』のために私がやっていたことを記録しておきます。誰かの役に立つかしら。

 

★冷凍食品やカップラーメン、ロングライフパンをストック。栄養あるかはさておき、食べないよりまし。
★根菜摂取のために、パックになった筑前煮のもとと豚汁のもと五セットずつと、それぞれ用のお肉をカットして冷凍しておく。鍋にぶっこめばすぐ作れる。
★塩おにぎりを沢山冷凍しておく。授乳しながらでも片手で食べれるのが良い。
★ほうれん草・ひじき煮・切り干し大根の煮物なども冷凍して一食分に小分けしてストック。

★葛根湯など漢方系の風邪薬などを買い置きしとく。
★紙ざら、割りばし、紙コップをストック。洗い場に立つ時間を少しでも短縮。
★化粧水はオールインワン、シャンプーはリンスイン、ファンデーションはBBクリームにチェンジ。

★おむつ、ミルクのほか、洗剤や液体石鹸、お米など、よくきらすものは、業務用大容量で買っとく。
★ご近所や園ママと仲良くなって 万が一の時は頼れるようにしておく。

★ファミリーサポートに入っておく。事前に顔合わせまで済ませ、自宅に来てもらえるようにする。
★旦那や手伝いに来てくれた人が分かるように、棚や引き出しにラベルをはる。

★ごはん支度に悩まないように、子供の好きなメニューを冷蔵庫に書いて貼っておく。

 

以上思い出しながら書いてみました。やむおえない場合に産後を乗り切る方法ですが、

私は体力もあり、たまたま健康だったからできただけのこと。おすすめはしません。

 

絶対に一人でご無理はなさらず、ファミサポや友人などに恥ずかしがらず頼った方がいいですヨ!(*^▽^*)

 


ご予約・ご質問

【LINE】 友だち追加 友達登録の上、通常通りトークでお問い合わせください

【Facebook】小畑智子 で検索。友人リクエスト後、メッセージでお問い合わせください
【MAIL】 下記フォームから
オガル OGARU

メモ: * は入力必須項目です


【訪問写真撮影 フォトラボプラスP】


代表 photographer 小畑智子

 

【以前のサイト greenpepa・1.1.snapphotoなど 画像のロゴが違うものがあります。ご了承ください】【無断転載・転記などご遠慮ください】